バンジージャンプは一度やったほうがいいよまじで

視線を落とすとそこは谷。はるか42メートル下を流れる利根川の流れる音がわずかに聞こえる。利根川上流に架かる橋。そこに据え付けられたバンジー用のプラットホームに立っている。目の前に柵はない。網目状の金属の床からは、時折冷たい風が吹き上げてくる。そして、なぜこんなことをしているんだという疑問も頭の中で吹き上げてくる。いまさらである。

f:id:reeeading:20181208171117j:plain

諏訪大橋に取り付けられたプラットホーム

いざここに立ってみるとけっこうキツい。心臓をグッと締め付けてくるような恐怖。今からこの谷に身を投じるのだ。自然と足が竦む。普通に生活していたらまあ、ありえないシチュエーションなわけで、本能的にやばいと感じるわけだ。

 

そしてついに「5・4・3・2・1・バンジーー!」という係員の兄ちゃん達の軽快なカウントダウンで身を投じる。頭から谷底へ飛び込む。刹那、体が完全に宙に浮く。

 

f:id:reeeading:20181208171322j:plain

ーーそれにしてもすごい速さのカウントダウンだった。おい、兄ちゃん。5つ数えてるけど、実質2秒くらいだったぜ。ーー

 

そして自由落下を始める。

 

こういうのは飛ぶ直前が一番怖いのであって、飛んでしまえばそんなに怖くない。否、飛んでる瞬間もめちゃめちゃ怖かった。落ちている最中はバンジーがついていることを感じないので、感覚としてはただただ落下していくのである。迫り来る地面。吹き付けてくるものすごい風圧。迫り来る地面。

 

最下点まで到達すると、突如として体じゅうに強い衝撃が走り、方向感覚が失われる。目の前の光景が視認できないほど、視界が激しく揺れる。気がつくと地面から遠ざかって宙に浮いている。伸びきったバンジーが一気に縮んだのである。そのような、上がったり下がったりを2、3回繰り返すと、ようやく落ち着き、宙吊りの状態で静止する。地上からは10メートルほどで宙吊りの状態。

 

テレビでは、飛んでいる最中の映像は放送されても、その後”どうやって元の場所に戻るか”までは放送されない。

 

「元の場所に戻る」この行為がまた、めちゃめちゃ怖いのであった。

 

バンジーをゆっくり引き上げて、プラットホームに戻るのだ。宙吊りの状態で地上50メートルまで上昇するのだ。下を見てはいけない。足がどこにもついていない状態というのは本当に怖いのであると実感した。

 

そしてプラットホームに到着。その時の安心感、達成感たるや…。

 

ということで、みなかみ(群馬)にてブリッジバンジーをやってきたんです。利根川に架かる諏訪大橋から飛び込むわけですが、地上からの高さが42メートルなので、初めてやるにはお手頃な高さだと思います。Bungy Japanでググってみてください。

初回だけ9000円でそれ以降はめっちゃ割引されますぜ!(ロケットランチャーを一発撃つのに70000円ですよ!それに比べたらなんてお手頃な価格なんだ!!)

f:id:reeeading:20181208170958j:plain

油断するとこの看板に頭をぶつける

しかしながら、バンジージャンプをやってみて実感した一番の収穫といえば、会話のネタになるというところですかね。もちろんそこを狙ってやったわけではないんですが、思ってる以上にバンジーを経験したことある人というのは少ないんですよ。だからウケがいいんですウケが。

 

あと、恐怖耐性がつきますよ。絶叫系の乗り物とかみんな平気になる(気がする)。

 

 

 

www.reeeading.site

www.reeeading.site