中学時代の友人が久々に連絡してきたと思ったら物販の勧誘

 

 先日、中学時代の友人から久々に連絡がきた。そいつとは一緒にモンハンやったり、映画行ったり、よく遊んでいた間柄だった。

 

そんな彼が、何年ぶりかわからないほどひっさしぶりにLINEを送ってきて、

『ひさしぶり~ 今、物販事業ってのをやっててさー(笑)それで○○君も一緒にどうかなー?って思って』 

 

こ☆れ☆は! 数多のセミナーによって啓発され、歳の数にも及ぼうかというほどの数の音声教材とPDFを購入されし者のみに現れると言われる女神であり、またとないチャンス!

 幸運の女神には前髪しかないからチャンスがやってきたら逃さず掴まなければいけない。いや待て前髪しかないってビジュアル的に相当アレだよな。それはさておき行動だ。行動し、理想の状態を達成すべく一歩を踏み出さなければいけない……!

 

 

 

 

なんて思うか!!

 

おいおいおいおいちょっと待ってくれ。ブルータス、お前もか。

友人からの誘いで物販とか仮想通貨とか手を出して云々、とかもうベタ中のベタ、テンプレ・オブ・テンプレやん。

 

絶対、それって背後に何らかのコミュニティが存在してて、そこに紹介すると何らかの報酬がもらえるやつだろう!

 

悪かったよ悪かったよ!あのときモンハンの集会所でハチミツ10個に見せかけて燃えないゴミ×99送ったの悪かったよ!しかしあれは若気の至りというもので、だからそうはやまるなって…。

 

しかしどうしたんだ一体、何があったんだ一体、そんなtwitterで星の数ほどいるような自称自由人みたいなことして、何をされたんだ。さてはジュラル星人の仕業か……また回りくどいことしてくれる…。

 

とにかく、ネットビジネスとか物販とか、ほんとに勧誘してこようという場合「実は会ってもらいたい人がいるんだ」とかなんとかして2対1の状況を作ってがっちり勧誘していくことが定石だ。

 

その後のLINEの文面からして1対1で会って話しがしたいという感じだったので、とりあえず会ってみようと思った。

 

やはりまあ、旧知の仲である。心配にならんでもない。

 

 

まあその”事業”とやらの話は軽く流して、悩みがあるなら聞くぞ。

それにしても、何人の友達にその勧誘メッセージを送ったんだ。それは辛くはなかったか。

 

あなたがそんなに尊敬している、月に80~100万叩き出す”リーダー”というのは、ほんとうにあなたのことを考えてくれているのか。

 

今、あなたがやっていることが正しいことなのか、間違ってることなのか、正直なところわからない、でもお互いまだ大学を卒業していないんだ。そんなに生き急がなくていいじゃないか。

 

オーケー、いいだろう。それでは膝を突き合わせてじっくり話をしようじゃあないか。

 

 

 

 

そして最近、再びLINEがきた。

 

 

『当日は、自分の他に〇〇さんっていうリーダーの人が来て話ししてくれる感じになるけど大丈夫かな??? 〇〇さんは月に80~100万叩き出してて、すごい尊敬できる人!!』

 

おいおいおいおい。

 

 

つづく。